お寺めぐりの友

PC版

響流山() 妙正寺(みょうしょうじ) 浄土真宗本願寺派  FACEBOOK

歴史

伊藤氏メモ当寺のパンフレットやお話によると、室町時代の1536年9月を開基。初代住職は休心住職で、御本尊(木仏)・寺号を本山の西本願寺から受ける。現在は第21世住職。 なお、以前はやや南側の線路そば(周船寺1号公園付近)にあったが、筑肥線複線化の際に寺地の一部がそれにかかることから、 昭和60年1985に現在の場所に再建移転。また、当寺と所縁の深い丸隈山古墳(5世紀前期、当寺の東の方に在)の出土品(剣や鏡など)を所蔵[1]しており、住職の許可があれば、 見学させていただけるとの由。()

参道口は唐津街道である。

筑前國続風土記拾遺』巻之46 周船寺村の項に「本村に在。真宗西本願寺直末也。」と記載されている。

ひとくちメモ

妙正寺は、周船寺の小高い高台に伽藍を構えている。そのすぐ北側には泉福山 竜松寺が伽藍を構えている。

周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top