お寺めぐりの友

PC版

石城山() 妙楽寺(みょうらくじ) [妙楽圓満禅寺・妙楽禅寺・妙樂寺] 臨済宗大徳寺派

歴史

境内の掲示板の内容をそのまま記載する。

正和5年1316に創建され、博多の北浜[1]にあった。 大陸との貿易交流でにぎわったが、天正14年1586兵火にかかり焼失したのを、 慶長5年1600この地に移された。墓所には博多商人の 三傑(さんけつ)神屋宗湛、博多の豪商で鎖国の禁を破り、処刑された伊藤小左衛門一家の墓がある。

『筑前國続風土記』によると、正和5年1316月堂宗規和尚により開山された。 月堂は筑前宗像郡(むなかたぐん) 大保(おおほ)[2]の人で、 大應國師(だいおうこくし)[3]の弟子にあたる。

火災で焼失したのは天文7年1538とある。 上の内容と矛盾する。詳細不明。

また、同書によると焼失する前の妙楽寺があった所には「異賊来襲の防ぎの為石垣を築かれていた」とある。 その為に「石城山」という山号になったのではなかろうか。

尚、この石垣は元寇[4]防塁 と考えられる。博多湾沿岸には、いたる所に現在でも元寇防塁跡が残っている。

境内には「ういろう伝来の碑」がある。詳しくはLinksを参照のこと。

右の『筑前名所図会』には、ほぼ現在と同様の伽藍配置で妙楽寺が描かれている。 また、聖福寺順心寺円覚寺節信院永寿院妙楽寺乳峯寺もほぼ現在と同じ配置で描かれている。

ひとくちメモ

神屋宗湛伊藤小左衛門などの博多豪商の墓がある。また、「ういろう」伝来の地とも言われている。

開山堂

開山堂は山門をくぐり本堂に向う左手にある。 通常はその山門は閉じてあるが、 博多情緒めぐりの イベントのおり開けてありその中に入らせていただいた。(2009-11-13) 以下に開山堂前に貼ってあった説明書の内容をそのまま記す。

開山堂の由来

この建物は開山堂といい、妙楽寺開山月堂宗規禅師(げつどうそうきぜんじ) (崇福寺8世・ 聖福寺25世)並びに歴代住職をお祀りする御堂であり 『水月庵』と号する。 現在の建物は、元禄11年1698に再建され、嘉永6年1853大改修され、 大正年間、真向かいにあったものを現地に移築している。 昭和56年さらに大改修し、その後も度々の改修を加え、現在に至っている。 中には、執権北条時頼公・黒田督物一族・伊藤小左衛門一族・藩医鷹取養巴歴代の位牌も お祀りしている。

開山堂の額字は元徳元年1329明極楚俊禅師(みんきそしゅんぜんじ) (京都南禅寺に住す)が元より来日した時、月堂禅師の為に書かれたもの。 堂内の聡と水月庵の額・半鐘は、元禄11年1698のもの。

またこの場所には嘉永16年1639黒田監物(けんもつ)親子の 菩提の為に建てられた即宗庵(そくしゅうあん)が江戸後期まで存在した。 開山堂は江戸時代の建物。


脚注

関連寺院

Top