お寺めぐりの友

PC版

啓運山() 妙法寺(みょうほうじ) 日蓮宗

歴史

詳しい歴史、名の由来などは上のホームページをご覧ください。

『筑前國続風土記』によれば「啓運山龍雲院、法華宗、属京都本法寺。荒戸唐人町にあり。」と云う。 当時よりこの地に伽藍を構えていたのであろう。

伊藤氏メモ筑前国福岡区地誌 (1980年)』に次のような記載がある。()

開山ヲ龍玄院日應ト云、博多妙典寺二十三世ノ住持ナリ。此僧故有テ幕府ノ閣老久世大和守重之ノ懇遇ヲ受シカ、 一年重之ヨリ黒田家ノ老臣黒田三左衛門一任ニ嘱託アリシカハ、一任吹挙ニ依テ、正保二年1646此寺ヲ創立ス。初メ妙典寺ノ別院ニ三光院ト云寺跡アリシヲ此地ニ移シ、今ノ寺号ニ改メシト云。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

寺の話によれば、藩主黒田長政がキリシタンになったのを幕府に咎められ釈明をしたが聞き入られず、 その疑いを打ち消すために、証としてこの寺を建立したという。 また、黒田藩に対してキリシタンへの接近がないかを監督する寺でもあったという(寺の口伝)。

ひとくちメモ

本堂一階には巨大な大仏様が鎮座されている。お寺の建物は近年改築されて真新しい。

寺前の黒門川道路は車の往来が激しい。 妙法寺から、南側の明治通りの黒門橋信号までは歩道に小川が設置され散策していても楽しい場所である。

関連寺院

Top