お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

菩提樹山()教善寺(きょうぜんじ)☆☆☆浄土真宗本願寺派  FACEBOOK

歴史

天正7年(1579)の荒平城の落城後、荒平城十代目城主である小田部鎮元をはじめとする小田部軍勢の死後の菩提を弔うために、小田部鎮元に関係の深い者が、小田部氏に縁のあった現在の地に草庵を作ったのが始まりと言われており、その後、寺号を教善寺として現在に至る。(ホームページより)

伊藤氏メモ開山を空円という。(Links① より)()

参考:『筑前國続風土記拾遺』

ひとくちメモ

寺の周辺は住宅地となっている。 境内で目を引くのがクロマツ・マキ・ウメなどの植え込みである。皆手入れが行き届いている。 特にクロマツは素晴らしい。境内に3株あり、太い根元の株である。

ホームページには昔の懐かしい写真が掲示されている。

『筑前國続風土記拾遺』巻之45 早良郡 下 小田部村の項

村西口に在。真宗西博多万行寺末座元也。

関連ページ(※歴史的に過去に関連していた神仏施設他も含めています。必ずしも現在関連しているとは限りません。)


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top