お寺めぐりの友

PC版

松林山() 顯乗寺(けんじょうじ) [顕乗寺] 浄土真宗本願寺派

歴史

藤崎・高取・西新歴史散策図』(街道の城下町文化振興実行委員会)によれば、 延宝元年1673に祖原山南西に建立され。昭和5年に現在の地に移転されたという。

境内には飢人地蔵尊、 本堂裏手の墓地には『筑前國續風土記拾遺』の編者の青柳種信の墓所がある。

ひとくちメモ

顯乗寺は西新商店街からほど近い早良区祖原に伽藍を構えている。寺の周囲は住宅街となっている。 境内には桜の木があり、さかりには美しい。

伊藤氏メモ青柳種信のお墓もお参りしました。種信の墓がこのお寺にある旨の情報収集力に感服です。()

関連寺院

Top