お寺めぐりの友

PC版

無量山() 寿宝寺跡(じゅほうじあと) [壽寳寺] 時宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之43 早良郡 下 石丸村の項に次のような記載がある。

村内に在。無量山と号す。時宗博多称名寺の末なり。貞和元年1345恵鎮といふ僧開基すと云。 大永9年(1528)9月25日豊後大友の家臣臼杵親速より壽寳寺に贈りし書一通を博多称名寺に蔵む。 又或記に豊富秀吉公肥前名護屋に在鎮の時、此寺の僧歌を讀で棒しこと有といふ。寺内に小墳あり。 椎の古木立てり。護念神といふ。

ひとくちメモ

寿宝寺跡は石丸の新築マンションの裏手にひっそりと伽藍を構えている。 この近くは、1990年頃までは一面田圃であった。近年、新築住宅・マンションなど が建設されてすっかり昔の雰囲気がなくなっている。

伊藤氏メモ留守番の者という老婆に訊くと、同敷地内の建物が元の本堂らしく、中には高さ1メートルほどの仏像があるとのこと。 (その仏像をお参りさせていただきたいとお願いしましたが、留守番であり判断できないとのことで、お断りされました。)()

関連寺院

Top