お寺めぐりの友

PC版

白馬山() 定禅寺(じょうぜんじ) 天台宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之44 早良郡 中 四箇村の項に下記の記載がみられる。

定禪寺

本村に在。白馬山と号す。 福岡金龍寺の末なり。

本尊地蔵佛、坐像長三尺許、又観音像有。座長二弍尺許。 開山の僧を洞寅といふ。 榊定禪地頭か開基にて、寺内に古墓二基あり(石表裏に梵字刻めり)。 榊定禪の墓と云。年号等なし。

早良郡志』 後編 金武村の項によれば、すぐ北側の浄土真宗本願寺派の明法寺の前身という。 当時(大正12年頃)の住職の言として「その昔農機具の鍛冶がここに来て禅寺を開く。 その後天台宗となった。」という。 本尊は、釈迦如来・聖観世音・延命地蔵尊という。

ひとくちメモ

定禅寺は四箇の集落にひっそりと伽藍を構えている。そのすぐ北側には明法寺がある。

本堂前には藤棚があり、その季節になればさぞかしきれいであろう。

伊藤氏メモ土曜日でしたが、建屋の鍵は外から閉められ、 境内の祠の手入れも十分でなく、無住のような気配でした。()

関連寺院

Top