お寺めぐりの友

HOME PC版

塵即山(じんそくざん) 浄満寺(じょうまんじ) 浄土真宗本願寺派

歴史7 phrases

山門の案内板より

浄満寺は浄土真宗本願寺派に属し、寛永12年1635那珂郡春吉村 (現在の福岡市博多区)で開基され、承応3年1654福岡大工町に移転、 さらに寛文11年1671現在地に移転されたと伝えられています。

この山門は、一間一戸(いっけんいっこ)切妻造(きりづまづくり)本瓦葺(ほんかわらぶき)四脚門(しきゃくもん)です。 門を構成する柱はいずれも切石の上に建ち、柱の上は三斗組(さんとぐみ)、軒は 二軒(ふたのき)で、以上の門構えの中に板唐戸(いたからと)の扉を設けています。

各部に杉・(けやき)・楠などの材が混用されており、 18世紀に入って修復の手が加えられたものと考えられますが、現在も建造当時の古形 をとどめています。

全体として均整のとれたこの山門は、江戸時代初期の姿をとどめた建造物として、 貴重な文化財です。

(福岡市教育委員会)

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

寺内には、亀井南冥はじめ、その一族の墓がずらりと並ぶ。これは、 「亀井一族十三墓」として福岡県文化財に指定されている。南冥の母は当寺の住職であった釈行空の三女ということである。

ひとくちメモ1 phrases

浄満寺には黒田藩の学門所であった甘棠館(かんとうかん)を開いた亀井南冥一族の墓所がある。 山門は福岡県文化財に指定されているとのことである。 境内は2011年に改装され、真新しい伽藍が観られる。

関連寺院1