お寺めぐりの友

PC版

総本山() 浄光寺(じょうこうじ) 浄土真信宗浄光寺派

歴史

伊藤氏福岡寺院探訪 』に下記の記事がある。

寺の縁起によると、開祖の略歴として、「人皇五十代桓武帝の後胤平実平の遠孫」と前書きして、旭浄(開祖)は、明治36年1903、長門の国に生まれ、宗教的信念厚く、苦学の後、昭和8年1933に浄土真信宗浄光寺派を立教開宗して現在に至る(途中仏光寺派へ合流の時代あり)とある。昭和38年1963、現在地に移る。

改めて当寺の方に伺ったところ、昭和8年の当初は浜側に建立も昭和20年1945福岡大空襲で被災。箱崎網屋町へ移転。 その後昭和38年に現地筥松へさらに移転。昭和40年1965に現納骨堂建立。 また、開祖は、西本願寺、佐賀神埼の浄光寺吉塚の西林寺などで修行をされていたとの由。 現住職は、開祖のご子息で昭和62年1987に後を継いでの第2世。()

ひとくちメモ

裏手は綿打川が流れる。その川はその先多々良川と合流する。 参道口は県道68号線沿いにある。大きな看板があるので分かりよい。 本堂裏手にはイチョウの木がある。

伊藤氏メモ近年、門徒さんの数も増えてきているということで、訪問当日もご住職は忙しくしておられました。()

関連寺院

Top