お寺めぐりの友

PC版

松葉山() 一乗寺(いちじょうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

『筑前國続風土記拾遺』巻之44 早良郡 中 羽根戸村の項に次のような記載がある。

本村に在。 真宗西万行寺末なり。教念と云僧是はしめなり。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪 』に次のような記載がある。()

住職の話によれば、慶長年間1596-1615井上与左衛門という者が京都油小路六条より来て教円と称し、当寺を創建したという。そのためか、この辺りには井上姓が多いともいう。

ひとくちメモ

一乗寺の周辺はのどかな田園地帯である。門前には川が流れ、西方には飯盛山が望める。 その東側には飯盛神社が鎮座している。

伊藤氏メモ本寺のやや西の道脇に松林飯山(幕末の大村藩士・儒学者)の誕生地の碑がありました。 また、ややその北側の羽根戸集会所の庭には、この松林飯山の出身地ということで贈られた、 大村桜の樹(国指定天然記念物)も見られました。()

関連寺院1

Top