お寺めぐりの友

PC版

三笑山() 一行寺(いちぎょうじ) 浄土宗

歴史

文安元年1444に博多辻の堂(今の博多駅前1丁目)に開山。その後、寛永年間1624-1644に福岡藩 より現在地を賜り移転。 上の移転前の地とは現在の若八幡宮の場所である。

一行寺の山門前は旧唐津街道で、すぐ東側の石堂橋は博多の町の玄関口であった。当時の門前は博多の町への出入りの人々でにぎわったようである。

筑前國続風土記拾遺』によれば開山僧は照阿上人。 彼は糟屋郡志免町の西福寺も開山している。

伊藤氏メモ文安元年1444、足利義満の血を引き数奇な運命を辿った照阿上人が辻の堂(現:博多駅前1丁目)に創建したとされ、 寛永年間(1624~1645年)に徳誉上人が藩命によって現在地に移した。 徳誉上人のいとこにあたる扁誉は辻の堂の一行寺跡に草庵を結び、 そのそばに郷里の静岡から氏神の若八幡を勧請した。 厄除けで有名な若八幡宮が現在のそれである。

一行寺本堂には、明治の神仏分離以前に若八幡宮の本地仏であった阿弥陀如来像が安置されている。 九州俳壇の重鎮であった河野静雲(福岡市東区和白丘の円相寺に静雲の句碑があり)は、 当寺の生まれ。作家夢野久作(代表作:九州帝大医学部を主要な舞台とする「 ドグラ・マグラ」)や その父であり玄洋社と深く関わった政財界の怪人杉山茂丸の墓もある。 (『博学博多200 』より)()

ひとくちメモ

本堂・山門と練塀は歴史を感じさせるものとなっている。

関連寺院

Top