お寺めぐりの友看板

PC版

紅雲山()法教寺(ほうきょうじ)☆☆☆浄土真宗本願寺派

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之48 志摩郡 上 今津村并浦の項に下記の記事がみられる。

本村(町口)に在。真宗西本願寺直参也。慶長18年(1613)3月宗圓(第3世)と云僧木佛寺号を許さる。 昔は塔堂二區(浄慶寺、大福寺也。浄慶寺は福岡に引大福寺は辺田村に引)(後略)

上の浄慶寺とは真宗大谷派至徳山浄慶寺(福岡市中央区唐人町)のことと思われる。 同寺のホームページには元は今津にあった旨の記載がある。

伊藤氏メモ『福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

当寺の前身は天台宗にて、南北朝時代(室町前期=南朝天授6年、北朝康暦2年(1380))の創建で、開基を鎌倉栄山法印という。 その後廃寺と化すが、永禄年間(1558-1570)立花鑑載が再建した。 慶長18年(1613)本願寺より寺号木仏を許さる。

ひとくちメモ

法教寺は、西部運動公園の近くに伽藍を構えている。 境内は、きれいに整備されていました。(記)

伊藤氏メモ 駐車場の整備と、山門・鐘楼の移設が平成20年(2008)12月に竣工されています。 ()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top