お寺めぐりの友

PC版

望海山() 福寿寺(ふくじゅじ) [福寿禅寺] 臨済宗東福寺派

歴史

『筑前國続風土記拾遺』巻之48 志摩郡 上 小田村の項に下記の記載がある。

木原に在。望海山と号す。 禪宗済下博多承天寺の末なり。 開山を雙峯和尚と云。(雙峯は建武中1334-1336に寂す。本編に見えたり。) 地蔵佛行基作と云。又釈迦像有。佛工詫摩作れりといふ。を本尊とせり。

寺内に天神渡唐社及祇園社あり。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

開基を宗禅といい、建武2年1335の創建。大雲悟禅師が寛文9年1669再興する。住職の話では、当寺も以前は別の場所にあったという。

ひとくちメモ

福寿寺はその西に700mほど離れた、筑前国中三十三観音霊場第13番(光明寺)の納経所となっている。

山門に向かって左側の道の先に石段があり、その石段を登って行くと何やら祠らしきものがある。 福寿寺に縁のある建物のようであるが未確認である。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪に、[説によれば、本尊地蔵菩薩像は行基の作ともいう。]の記載がありますが、 本堂の菩薩像がそのものなのでしょうか? 渋く黒光りしており、時代を感じさせるものでした。()

関連寺院

Top