お寺めぐりの友

HOME PC版

() 傅正院(でんしょういん) [伝正院・毘沙門天] 天台宗

歴史4 phrases

成城大学文学研究科の成城國覺論集の兵藤 裕己氏による『座頭(盲僧)琵琶の語り物伝承についての研究(三)』によれば、概略下記のとおりである。

「傅正坊」と号し、近世から福岡の地に伽藍を構えていたという。13世徳玄の時に現在の傅正院に改められた。 博多の琵琶(筑前琵琶)界にあってリーダー的寺院であったという。

寺内には琵琶の台本も所蔵されていて、毘沙門堂(二重の塔)もあったが昭和20年の戦災により灰燼と帰してしまったという。 詳細は下記の資料をご覧ください。(ご注意:PDFが直接ダウンロードされます)

資料

ひとくちメモ2 phrases

伊藤氏よりこの地に傅正院があることを教えて頂き、お参りしてきた。 周辺は住宅街となっており、門前の道路は車の往来が激しい。

境内には地蔵堂がある。