お寺めぐりの友

PC版

岡徳山() 大通寺(だいつうじ) 日蓮宗

歴史3 phrases

筑前國続風土記拾遺』巻之2 西町の項によれば、開山は大通院日圓。豊前國にあった。 慶長6年1601黒田長政が豊前国より福岡に転封された際に長政を慕い、材木町(現在の天神3丁目あたり)に長福寺なる一宇を建立。 寛文11年1671、境内が手狭であった為現在の地(当時の西町)に移る。 享保2年1717寺号を長福寺から大通寺に改める。(第9代将軍家重1712ー1761の幼名が"長福"であったので同名を避けた為)

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

本堂内に安置される日蓮上人像は、太宰府の仏師が造ったという木彫の立派なものである。 また、堂内周囲には上人の一代記を絵にした十数枚の額も掲げられていて、外圧を乗り越え苦難の道を歩んだ日蓮の一生が窺えるようだ。

ひとくちメモ1 phrases

大通寺の門前の道は旧唐津街道である。春になると境内の桜が美しい。