お寺めぐりの友

HOME PC版

心灮山(しんこうざん) 大長寺(だいちょうじ) 西山浄土宗

歴史3 phrases

筑前國続風土記』巻の3 福岡によれば下記の通りである。

山号を心光山雪幹院と言う。大長寺には黒田如水の父美濃守職隆(もとたか)の位牌及び書画がある。 その理由は、次のとおりである。如水の弟黒田修理圓則が那珂郡一の瀬村に職隆の寺を建て、 心光院西岸寺と言っていた。 開基の僧を長徹と言う。 圓則が亡くなりその寺を福岡城下に移そうとしていた。 その時大長寺の寺住文室(もんしつ)が亡くなりその跡継ぎもいなかったことから西岸寺の僧を大長寺に移すとともに、職隆の書画位牌も一緒に移した。 元和3年1617職隆の三十三回忌にあたる時、 大長寺の山号を「福生山」より「心光山」に改めた。

貞享元年1684黒田家3代光之が大長寺で法事を行わせた。鎌田九郎兵衛が代参した。 光之は故あって参拝していない。何故だろう??

ひとくちメモ3 phrases

大長寺前の道は東側の親不孝通りから東西に約400mほど細い道(約4m)が一直線となっている。 この道は古い道のようである。

山門両脇の博多塀が美しい。

境内には観音堂・子安観音・地蔵菩薩像などがある。 『筑前名所図会』と現在とではほぼ同じ伽藍配置である。窟観音もほぼ同じ位置にある。

関連寺院7