お寺めぐりの友

PC版

西方山光明院() 阿弥陀寺(あみだじ) [阿彌陀寺] 浄土宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之14 席田郡 下月隈村の項に下記の記述がある。 院号の由来は光明山遍照院 摂取寺を参照のこと。

本村に在。西法山光明院と云。浄土宗鎮西派妙圓寺の末寺也。 開基の始[1]詳ならす。境内に地蔵堂あり。

ひとくちメモ

阿弥陀寺は福岡空港の滑走路の南側の端に空港施設のフェンスに囲まれて伽藍を構えている。 境内には観音堂がある。 ひっきりなしに、旅客機が発着している。

関連寺院

Top