お寺めぐりの友

PC版

青雲山() 大念寺(だいねんじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ寺内の案内板の要旨を以下に記します。 「元和2年1616、現在地に釈了関(手塚甚左衛門)が建立。元々は甘木立石にあったと伝えられているが、この年に移ってきたものであろう。 『筑前國続風土記附録[1]には、西本願寺派の浄土真宗の寺で、 四間四面の仏堂であったことが記されている。」()

ひとくちメモ

本堂は近代的な鉄筋コンクリート建築となっている。 外壁はむき出しのコンクリート塗装である。凝ったデザインとなっている。 日本建築である木造の山門・鐘楼との対比がなかなか面白い。

伊藤氏メモ建て替えて13年になるという本堂は、全面鉄筋コンクリート壁の堅固な造りとなっている。 北隣には大念寺幼稚園を併設。現第15世。()

Top