お寺めぐりの友

PC版

晃雲山() 教法寺(きょうほうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之19 夜須郡(上) 甘木村の項に下記の記事がみられる。

教法寺

七日町に在。真宗西本願寺の末也。 開基の僧を明順といふ。 寛文1661-1672年中本山より木佛寺号を許さる。

ひとくちメモ

門前には新しい商店と混じって、古い商家などが所々に見える。 参道口は安長寺須賀神社のほぼ中間地点である。 この道は須賀神社の参道と思われる。

教法寺の参道口から長い参道を進むと、山門。山門をくぐると、その右脇に鐘楼がある。 本堂に向って左手には六字名号が安置されている阿弥陀堂。左手には井戸がある。 山門は、どっしりとした造りで歴史を感じるものとなっている。

門前の道を50mほど南下すると、須賀神社の鳥居脇に「本通り サン・タウン」のアーケード入口がある。 昔はこの地域一の繁華街であったのではなかろうか? お盆前の平日昼間のせいかもしれないが、シャッターの閉まった店が半分以上。 寂しいかぎりである。

伊藤氏メモ長い参道が印象的です。現本堂は明治初期のものとのこと。現第21世。()

Top