お寺めぐりの友

PC版

()大龍寺跡(だいりゅうじあと)☆☆☆仏教礼拝所

歴史

秋月氏第14代当主秋月種時1490-1531の墓標があり、その周辺は広大な大龍寺跡である。 下に音声寺の橋の脇にある案内板の内容をそのまま記載する。 この陶板製の案内板は心ない者の手で傷つけられている。

鳴渡谷の奥には秋月種時(たねとき)の墓がある。歴代当主の中で唯一秋月に残る墓である。 その一帯が秋月家の菩提寺である大龍寺の跡地といわれている。

天正15年1587豊臣秀吉の九州征伐1586-1587により、秋月種実(たねざね)1548?-1596[1]種長(たねなが)1567-1614[2]は、 日向財部(ひゅうがたからべ)(宮崎県高鍋町)に移封された。この時大龍寺も秋月氏と共に財部へ移っていった[3]

甘木市(1999.3)

参考:『筑前國続風土記』

ひとくちメモ

大龍寺跡は杉林の中にひっそりとある。 あるのはいくつかの小さな墓標を左右に従えた秋月種時の2mはあろうかと思われる墓標のみである。

大龍寺跡への道筋は、 音声寺の前の小川沿いにゆるやかな坂道を230m(案内板に記載されている)ほど登ったところにキリシタン橋があり、 その少し先に大龍寺跡への案内板(あと100m)がある。そこからは杉林の中を進む。

普段は人気が無いところで単独行は危険である。

キリシタン橋脇の案内板によれば、この橋の裏側にはマリア像が刻まれているとのことである。 上の案内板の側面にこの橋の由来が記載されている。下に引用する。

この先にはキリシタン橋・キリシタン畑というキリシタン関連の伝承が残る場所がある。 秋月にキリスト教が伝わるのは、元亀(げんき)元年1570。 最盛時には2000人以上の信者がいたという。 慶長12年1607に建てられた天主堂は、この地にあったのかもしれない。

『筑前國続風土記』巻之10 夜須郡 ○秋月

(前略) 荒平山、秋月邑の境内也。 野鳥村の西にあり。 下より四五十間ある山なり。 上に宅址あり。 (ほり)堀廻せり。 城址には非ず。 秋月氏家人の屋敷址なりしといふ。 但秋月氏の、里城のやうにかまへたる所にして、 家人を常に留守とせし所なるにや。 秀吉公九州征伐の時、天正151587年3月6日、 此所に逗留したまふ。

大龍寺址、秋月邑の谷中にあり。是禪寺にして、 開山は嘉麻郡臼井村永泉寺の弟二世泰伯和尚なり。 秋月氏世々先祖の墓地たりしとかや。 今は寺院もなく、此址のみ残れり。 其所に古墓あり。 石に龍充珽種居士[4]と刻めり。 然れ共いかなる人にや知りがたし。 叉鳴渡山(なるとさん)観音堂の上に秋月氏の墓あり。 此所も大龍寺の境内也。 隆景の家臣手崎東市(いらの)助の石碑もあり。 上の山を大龍寺山と云。 (後略)

関連地図

周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top