お寺めぐりの友

PC版

薬草酒» 第19章 柚子(ユズ)〔古くから風邪の特効薬〕

◆見分け方の特徴

柚子
柚子

ユズは高さ3~4メートルくらいになる常緑小高木です。枝は緑色で、まばらに刺があり、葉は互生します。葉は葉柄(ようへい)(よく)があり、長卵形で先は尖り、中央の葉脈は明瞭です。花は5月ころに葉腋に柄を出し白い5弁花をつけます。果実は、凸凹した緑色で球状、熟すと黄色くなる。果皮には芳香があり強い酸味があり、料理に利用します。

<その他>

ユズは、中国の揚子江上流の原産といわれ、日本でも料理用として広く栽培されています。名前の由来は、果実に酸味が強く、酸っぱいことから、柚酸という字をあてて、ユズとしたといわれています。これと同じ意味から、柚の酢(ゆのす)という別名もあります。

また、ユズの仲間には、大分県のカボス(芳酢)や徳島県のスダチ(酢橘)等があります。

◆薬効〔風邪予防、疲労回復〕

風邪には、ユズの果実を絞り、ハチミツなどで甘味を加えて、熱湯を入れて飲みます。発汗効果と解熱作用があります。果実には、ビタミンC、クエン酸、酒石酸を含み、果皮には、ピネン精油、シトラール、リモーネンを含みます。果肉、果汁を肌につけて擦ると、ひび、あかぎれ、しもやけなどの肌荒れを改善します。

料理に使用して残った、果肉は、薄く切って、鍋で煮出してから、風呂に入れ浴湯料として用います。精油などの作用により、肌を軽く刺激することにより、血管の血液の流れの循環を促し、冷え性、肩こり、腰痛、神経痛などの痛みの改善になります。

ゆず酒の造り方

◆材料

氷砂糖の代わりに蜂蜜でも美味しいです。蜂蜜を使う場合は250gぐらい。ビタミンCが多く、風邪、疲労回復、肌荒れ、冷え性に効果的。

◆造り方

Top