お寺めぐりの友

PC版

薬草酒» 第18章 苺(イチゴ)〔酒やジャムにして滋養強壮〕

◆見分け方の特徴

林檎
林檎

葉腋から匐枝(ふくし)を伸ばして増える多年草です。葉は、根生葉と互生し楕円形、小葉は3枚、大きな鋸歯がある。花は、5~7月に白色5~8弁花をつけ、顎裂片同数、雄しべ雌しべは多く、花托は半球形である。肥大して多肉質の果托になり、痩果は小形で、肥大した果托の表面のくぼみにつき、イチゴ状の偽果になる。(最近は糖度の高い白いちご!)

<その他>

名の由来は、元禄のころには、ナワシロイチゴなどの野いちごを、伊知古、以知古と呼び、天保11年(1840)に、オランダ人が長崎で栽培したことから、オランダイチゴの名になった。飯沼慾斎の「草木図説」には、オランダイチゴをヘビイチゴの一種として記載され、食用・薬用に供し、やや強心の効ありという記述がある。

オランダイチゴは、北アメリカ原産のバージニアイチゴと南アメリカ原産のチリイチゴの交雑種で、果実が大きくなる。食べる部分は、花托の肥大した部分で偽果と呼ぶ、また、偽果は他には、リンゴ、ナシがある。

日本で促成栽培が普及したのは、明治の中頃にフランス系の品種を改良して、福羽逸人が、香りが強く、果実は赤くて甘い、早生イチゴの福羽イチゴをつくり、有名な品種になった。戦後、アメリカから、ダナーという品種が輸入されて、福羽イチゴより小粒で甘く味が良いことから、日本全土で栽培された、路地栽培は、初夏ころ実が赤くなるが、現在は温室による促成栽培により、1年中食べられるようになった。

◆薬効〔滋養強壮そしてビタミンC〕

滋養強壮には、熟したイチゴ600グラム、砂糖200グラム、35度ホワイトリカー1.8リットルに、イチゴを洗い、へたをとり水切りして、瓶に入れて3~4ヶ月冷暗所に保存し随時拡散して布で濾して、1日20~30ccを飲用する。

<いちご酒>

◆材料

◆造り方

イチゴの補足〔野生イチゴもありますが市販品を〕

<野苺の種類>

イチゴ
クサイチゴ
イチゴ
モミジイチゴ
イチゴ
ナワシロイチゴ
イチゴ
フユイチゴ
イチゴ
桑の実(虫に観えませんか?)
イチゴ
ブラックベリー

<ヘビイチゴ>

ヘビイチゴは甘くないので食用に向きません。俗説で『毒イチゴ』と言いますが無毒です。

イチゴ
ヘビイチゴ
イチゴ
ヤブヘビイチゴ
Top