お寺めぐりの友

PC版

薬草酒» 第17章 林檎(リンゴ)〔動脈硬化予防、疲労回復〕

◆見分け方の特徴

林檎
林檎
林檎

高さは15メートルにもなる落葉高木です。葉は、広楕円形か卵形で先端は尖り、葉縁には鋸歯のような毛があります。花は、4~5月ころに、葉柄から数個の花柄を出して、白色に淡紅色を帯びた5弁花をつけます。リンゴの果実は、偽果で球形、花床の発達した外側部分と子房の発達した中心部があり、花床の発達した外側部分を食べます。

※ジュースやケーキやお酒には『紅玉』が向きます。

<その他>

名前の由来は、中国の古書「本草綱目」には、「林檎(りんきん)の果は、味が甘く能く多くの(ことり)をその林に来らしむ。故に林檎(りんきん)来禽(らいきん)の名がある」という記述があります。これを音読みにして、和名利宇古宇(りうこう)(りうごう)という古名が生まれた。元禄時代には、和名は利牟古(りむご)になり、享保時代に和名「りんご」になり、林檎(りんご)漢字に、転訛(てんか)していき現在のリンゴとなった。

日本には、徳川時代末期に西洋リンゴとして渡来して、各地で栽培され、果実の生産量ではミカンの次に生産量があるということです。因みに、蜜柑の北限、リンゴの南限が似ています。明治時代に、別種のコーカサス原産のセイヨウリンゴが輸入されるまでは、中国原産のワリンゴをリンゴと呼び栽培していたが、現在ワリンゴは接木の台木にされている。

リンゴの原産地はコーカサス北方地域と言われ、長い年月をかけて品種改良されながらヨーロッパ全土に広がり、現在の品種になった。日本や中国には、和リンゴ、イヌリンゴ、マルバカイドウ、ナガサキズミ、エゾノリンゴ、ハナカイドウ、ミツバカイドウなどの原生がある。しかし、果実の品質は悪く、主にリンゴの台木として栽培される。

日本では、明治初年に欧米から多数の品種が導入されて、リンゴ栽培が本格的になった。また、姫リンゴはリンゴとズミの交雑種という。

◆薬効〔下痢や慢性胃炎や消化促進や利尿〕

果実には酸味があり、リンゴ酸、クエン酸、酒石酸を含みます。芳香には、酢酸、カプロン酸などのアミルエステル、テルペンアルコール、ゲラニオールなどを含み、ビタミンCなど。リンゴの切り口が変色するのは、フェノール性物質が酸化酵素の作用によるためです。

かっけなどには、果肉を黒焼きにして食べます。去痰には、種子を摩り下ろして、その液でうがいをします。乳幼児の下痢などには、果肉を摩り下ろして、ガーゼなどに包んで絞り、果汁を少量飲ませます。

リンゴの果肉は、胃酸過多、胃アトニー、慢性胃炎、慢性下痢症や利尿、むくみ、消化促進、動脈硬化予防、疲労回復などに、摩り下ろして、朝食前に食べます。生食の他に、サラダやアップルパイ、リンゴジャムなどにも利用され、各地の産地では、加工食品も多くあります。

<リンゴ酒>

◆材料

◆造り方

<栽培>

カリンは、挿し木により殖やすことができます。挿し木には、春ざしと夏ざしがあって、春ざしは、前年に伸びた枝を10~15cmに切って、鹿沼土と川砂の混合土に挿し木をします。また、夏ざしは6~7月上旬に、その年に伸びた枝を10~15cmの長さに切って、春ざしと 同様に挿し木をします。半日日陰に置いて、葉水を与えるようにします。発根したら、鉢植えか、庭などに定植します。

<市販品>

リンゴ
ニッカ
シードル・スィート
リンゴ
ニッカ
アップルワイン
Top