お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

東洋医学基礎講座» 第3編 予防医学の健康講話» 第21章 虫歯と歯周病» 第3節 歯肉と歯周を観察

前ページ 次ページ

健康な歯肉

歯肉炎

歯周炎

歯周病って治るの?

現在では歯周病を予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。この15年の間に歯周治療は急速な進歩を遂げました。以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康を取り戻すことができるのです。まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それを溜めない、増やさないことが基本で、 そのためには・・・

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく、症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

歯周病は、おもに歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します。歯肉と歯の間にできたポケットといわれるスペースが歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らし骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます。

前ページ 次ページ
Top