お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第47章 痛風〔風が吹いても痛いから痛風〕

◆痛風の原因

痛風発作の原因は尿酸という物質です。尿酸はどんな人の身体の中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。一部は、消化管から排泄されます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、身体の中に蓄積してきます。溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩を作り、結晶になります。

尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。痛風発作は、尿酸塩に対して身体の防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。

尿酸塩が関節に溜まると痛風発作になりますが、他の臓器にも溜まります。なかでも皮下に溜まりやすく、皮膚の下に結節ができます(痛風結節)。痛風結節はまれには脊髄に溜まり、神経症状の原因になる事もあります。腎臓も尿酸が溜まりやすく、高尿酸血症や痛風の人は腎機能に注意が必要です。さらに、痛風の患者さんでは心血管障害や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高いのです。痛風発作の激痛は「尿酸が体に溜まっているよ、治療が必要だよ」という神様の警告と考えるべきでしょう。

◆尿酸ってなに?

尿酸は、最初は膀胱結石の中から発見された物質です。その後、尿酸は生物の情報とエネルギーと言う重要な役割を果たす物質の最終産物である事がわかりました。つまり、遺伝子を構成するDNA、エネルギーを担当するATPが分解されると尿酸ができます。尿酸は、人体の情報やエネルギーを受け持つ物質が分解されてできた老廃物です。

尿酸はほとんどの動物では分解され、体内に溜まりません。ところが人間と一部の霊長類は尿酸を分解する酵素(尿酸酸化酵素)が遺伝的に欠損しており尿酸がたまる傾向があります。

普通の人の体内では一日約0.6gの尿酸が作られます。この尿酸の産出が多くなったり排泄が低下すると尿酸は体内に蓄積し、痛風を起こします。要するに、尿酸はプリン体の老廃物、つまり、廃棄物であってプリン体の「ごみ処理」問題がうまくいかないと痛風になるわけです。

◆尿酸の正常値は?

健康診断、人間ドック、住民検診などの検査を受けると、検査結果の報告が来ます。痛風の原因である尿酸の血液中の濃度は「尿酸値」や「血清尿酸値」と記入されています。男女ともにこの値が7.0mg/dLまでは基準値内です。これを超えると異常で、高尿酸血症と呼ばれます。

よく検査結果の報告用紙には正常値とか基準値などが書かれていて、血清尿酸値の場合、男性で3.8~7.5mg/dL、女性で2.4~5.8mg/dLと記載されていることもありますが、これは参考程度に留めておいて結構です。

尿酸の基準値を 7mg/d以下に置く理由は、血漿中の尿酸の溶解度を基準にしたものです。通常の条件では、血漿の中で尿酸は7mg/dLまでは溶けます。しかし、これを超えると結晶になる傾向があります。尚、血清尿酸値が低い場合もあり、2mg/dL,1.5mg/dLあるいは1.0mg/dL以下(公式の基準は無い)を低尿酸血症と呼びます。低尿酸血症の人の一部には運動後の腎障害や尿路結石が起こることがあります。多くの場合SLC22A12というトランスポーター(膜を貫通して物質を輸送する蛋白質)の遺伝子に変異が起きています。

Top