お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第43章 斜視と弱視〔幼稚園児までに発見したいですね〕

◆視力も成長する

あかちゃんがいます。じつとこっちを見つめて、何が見えているのでしようか?しかし、産まれたばかりのあかちゃんには、明るいか暗いかくらいしか分かりません。しかし、1ケ月くらいで、モノの形が、2ケ月くらいで色が、分かるようになります。更に、4ケ月になると、動くものを追つて目を動かせるようになります。そして、6歳くらいには大人と同じくらいの 視力を持つようになります。

◆視力の発達にはモノを見ることが大切

子供の視力が発達するためには、毎日ものを見ている必要があります。これは、目から受けた刺激を、脳が正しく理解するのに、訓練が必要だからです。訓練といっても、特別なことをするわけではありません。目を開けて色々なモノを見ている内に、目からの刺激を脳が正しく理解するようになるのです。

◆斜視

2節図3

普通、モノを見るときには、右目も左目も両方の目が、見ようとするモノの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。これを斜視といいます。斜視は子供の2%くらいにみられる病気です。

◆斜視の種類

斜視は目の位置によって、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視にわけられます。


Top