お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第38章 VDT症候群〔現代人はお疲れ目〕

2節図3

VDTとはパソコンのディスプレイなどの表示機器のことです。PCやスマホやゲーム機器など、職場や家庭そして子供の遊びにも浸透しており、VDTの普及は目にとって大きな出来事といえます。大切な目をまもるため、眼科の先生によく相談して指導してもらいましょう。

◆VDT症候群とは?

PC、モパイル端末、テレビゲーム、ポータブルゲームなどVDTが一杯です。VDT症候群といわれる新しい病気が增加しています。VDT症候群とはVDTを使った長時間の作業によって、目や体や心に影響のでる病気で、 別名IT眼症とも呼ばれています。

肩がこる、首から肩、腕が痛む、だるいなどの症状が起こります。慢性的になると、背中の痛み、手指の痺れなどいろいろな症状に進展します。また、イライラや不安感をまねいたり、抑鬱状態になったりします。

筆者もPCの出始めに、職場で8時間以上も画面と向き合っていた時に:背後を通った同僚がYシャツの襟が真っ赤になっている!と言われました。後頭部からの出血でした。プラズマ線が頭部を突き抜けて皮膚からの出血、そして眼球は角膜が傷だらけでした。当時はDVTの障害報告も少なく、酷い状態になったのです。数年間は額の皮が剥げたり、酷いフケになりま した。こんなに酷くなるのです。

◆VDT症候群による目の症状

主な症状は、調節機能や運動のス卜レスによる目の疲労です。酷い場合には病的な目の疲労眼精疲労になります。休憩しても簡?には回復できなくなります。また、ドライアイが進行して、結膜が充血することもあります。

Q:
文字を書くのとVDT作業では、目への影響は違いますか?
A:
文宇を書く、読むなどの作業でも、もちろん目は疲労します。一方、VDT作業では、長時間の同じ姿努になるため、首、肩、腕、手などの筋肉が緊張します。また、視線がディスプレイ、キーボード、書類の間を頻繁に移動するため、より疲労が起こり易いのです。電磁波による影響で心配されているものには、白内障、妊娠・出産異常などがあります。しかし、VDTからの電磁波はほとんど問題ない低レベルのものと言われています。
Top