お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第35章 筋膜性疼痛症候群〔新しい痛み症状〕

激しい運動等の過負荷により筋肉が微少損傷を受けた場合、その部分の筋肉が収縮して、一般に言う筋肉痛の症状が現れ、通常は数日から数週間で自己回復します。しかし、回復の過程で更に過負荷をかけたり、冷やしたりして血行の悪い状態にすると、この収縮が元に戻らなくなり、筋肉が拘縮状態になり痛みを発生し続けるのです。

この状態を「索状硬結(Taut Band)」や「筋硬結(Muscle Knots)」と呼び、索状硬結部位へ物理的に力を加えると強い痛みを感じる事から、この状態の部位を圧痛点 (Tender Point) と呼びます。

<歴史>

筋筋膜性疼痛症候群は1983年にアメリカの医師en:Janet G. TravellとDr.David G.Simonsが執筆した『Travell & Simons’ Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual (筋筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』にて明確に発表された。

1990年にDr.David G. Simonsが筋筋膜性疼痛症候群の診断基準を発表します。現在では、トリガーポイントの第一人者、関西医療大学(旧関西鍼灸大学)の黒岩共一教授(鍼灸師)らの研究によりTravell & Simonsの時代には解明されていなかった部分が増補・修正されて、より高度な医療へと進化しています。

近年、結合組織(Fascia)・筋膜(Myo-Fascia)の機能に注目し疼痛治療を発展させている組織に、JMPS研究会(日本筋膜性疼痛症候群研究会)があります。医師主体の組織ではあるが、鍼灸や理学療法等幅広い技術を検証しつつ、エコーガイド下で筋膜をリリースする注射療法が開発されました。お蔭で、離島や僻地であっても、大掛りな設備がなくても貢献出来る技術です。

<症状>

体の特定部位に疼痛を発生させる。時にその痛みは歩行、座る事、立つ事など日常生活を困難にするほどの強い疼痛になる事があります。痛みの種類は人や時により異なるが、焼けるような、刺すような、うずくような痛みとして例えられている。また、時間の経過とともに痛みの種類、場所が変化する場合もあります。

すると患者さんは整形外科や形成外科や皮膚科などを受診しますが、真の原因を分からない医者は鎮痛剤や湿布薬を投与するばかり。筋肉を包む筋膜を本当に良く分かっているのは、解剖学を経験した人でしょう。医者が筋筋膜性疼痛症候群を勉強していれば幸いです。

Top