お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第33章 運動障害〔動作が困難になってくる〕

体の全体または一部を動かすのが困難になることがあり、これを運動障害と呼びます。

<原因>

関節の運動を制限する病気や筋力低下の原因となる病気のために、動作が困難になります。動かすと痛い場合もまた、運動は制限されます。神経系の異常は、痛みや筋力低下を生じることなく運動を妨げることがあります。例えばパーキンソン病では、筋肉のこわばり、振戦、運動開始が困難な状態などが起こります。

・関節の障害
過去のけがでできた瘢痕組織による関節のこわばりが、運動の範囲や速度を制限していることがあります。正常な関節も使わないでいるとこわばります。例えば、脳卒中によって腕が麻痺した場合や、長期間つり包帯で腕をつっていた場合も、定期的に腕の曲げ伸ばしを行わないと、肩やひじの関節の組織が瘢痕を形成して固まってしまうことがあります。関節炎や急性外傷により関節に蓄積した滑液が、関節の動きを妨げることがあります。また、外傷で断裂した軟骨の一部が(一般には膝の)関節の動きを妨げることがあります。
・筋力低下
多くの人は疲れたときや体が弱ったときなどに筋力低下を訴えますが、真の筋力低下とは本人が最大限に力を入れても正常な筋収縮が起こせない状態をいいます。随意筋が正常に収縮するためには、脳が信号を出し、その信号が脊髄と神経を通って正常に機能する筋肉に伝わる必要があります。
従って、真の筋力低下は、神経系、筋肉、神経と筋肉をつなぐ接続部(神経筋接合部)などに影響を及ぼす外傷や病気が原因で起こります。脳の障害には、脳卒中、外傷、腫瘍、変性疾患(例えば、多発性硬化症は、脊髄や神経にも影響を与える)などがあります。脊髄の障害には外傷、出血、腫瘍などがあります。脊髄神経根は、破裂した椎間板の影響を受け、末梢神経は外傷や多発ニューロパチーの影響を受けます。神経筋接合部は、重症筋無力症、ボツリヌス毒素注射のような薬、有機リン酸化合物(神経ガスや多くの殺虫剤に使用)のような特定の毒物の影響を受けます。
筋力低下を起こす筋肉の病気には、筋ジストロフィーや多発筋炎などがあります。一般に不動(ギプス固定や長期間寝たきりの状態)後や高齢者に起こる筋力低下は、筋肉量の減少(筋肉減少症)や筋肉の使用不足が原因です。残る筋肉は正常に機能しますが、筋肉量は適切な量ではありません。
一般に単独の神経、関節、または筋肉が影響を受ければ、筋力低下は通常、片方の腕や脚またはその一部に限局的に起こりますが、広範囲な神経や筋肉の病気が起こった場合、筋力低下の範囲も広がります。
・痛み
筋肉、靭帯、骨、関節に痛みのある人は、意識的または無意識的に運動を制限する傾向があります。そのような場合、神経系や筋肉に動作を起こす能力があるにもかかわらず、筋力低下を起こしている印象を与えることがよくあります。
Top