お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第16章 うつ病〔気分障害は殆ど該当する病〕

いま増え続けている「うつ」って、どんな病気なのでしょうか。うつ病の患者数は百万人を超えています。患者数は1996年から2008年での 2.4倍になっています。厚生労働省の調査によると、うつ病や躁うつ病などの患者数は更に増える傾向です。気分障害で受診する人は、年々増えていますが、躁うつ病の割合は非常に少ないので、うつ病患者だけでも百万人を超えていることは間違いないそうです。

うつ病は、とくに日本ではかなり悪化してからでないと受診しない傾向もあるため、実際の患者数は、もっと多い可能性があります。女性の患者は男性の 1.7倍と多くなっています。年齢別では男性が30~50歳代で多いのに対し、女性では60~70歳代で最も多くなっています。

2節図3
<うつ病・躁うつ病の総患者数の推移>

<うつの病態>気分障害の殆どは「うつ病」

気分障害は、長い期間にわたり過度のゆううつ感、過度の爽快感などが続く感情障害です。一般的には憂鬱感と爽快感の両方が繰り返す「双極性障害」(躁うつ病)と、憂鬱感だけが持続する「うつ病」がそれにあたります。躁うつ病は少なく、大多数はうつ病で占められます。

<気づかれにくいが、つらい症状>

うつ病は、気分が沈んだり、何事にも興味が持てないような状態が続く病気で、誰にでも起こる可能性があります。まわりの人には気づかれにくい病気ですが、本人にはつらい症状を伴い、長期化すると仕事を続けられなくなったり、自殺の原因になることもあります。

親しい人が死んだり、引越し、出産、人とのトラブル、病気などがきっかけで起こることもありますが、特にきっかけのない場合もあります。

<うつ病の代表的な症状>

Top