お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第12章 白内障と緑内障〔どちらも早期発見が大事〕

◆白内障とは

眼の中でレンズの役割を果たしている水晶体は、本来透明で光をよく通す。ところが、年齢と共に水晶体のたんぱく質が変性し、次第に白く濁ってくる。これを白内障といいます。

◆白内障の症状

白内障の症状は、目の中の水晶体が白く濁ります。そのことにより、視力が低下します。他の白内障の症状としては、次のような症状があります。

このような症状があらわれたら、一度眼科で診てもらいましょう。

◆白内障の原因

白内障の原因としては加齢によるものが多く、この事を「加齢性白内障(老人性白内障)」と呼んでいます。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、年齢が高い人ほど発症するケースが多いようです。

また、白内障は、加齢黄斑変性症と同様、紫外線やダイオキシンなどによる活性酸素が大きな原因の一つであると考えられています。

糖尿病の合併症である糖尿病網膜症になると、白内障になる人も多いといわれています。

◆白内障の治療

白内障を自覚した場合は、まずは眼科での受診をお勧めします。眼科の医師と白内障の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。白内障の治療法について納得のいく説明が得られなかった場合には、他の眼科の医師にそのことを尋ねてみるのも一つの方法です。

白内障は老化現象とも言えますので、手術するほどでない場合には点眼薬や内服薬を用いて白内障の進行を遅らせるという方法をとります。この際に、眼の栄養補助食品としてルテインを利用する人もいます。白内障の症状が進み日常生活に支障がある場合は手術が行われます。

白内障の手術は著しく進歩し、かなり安全性が高く、患者さんの負担も少なくなってきています。優れた眼科医師の中では、驚くほどの短時間で手術を行なうことが出来る人もいます。自分ひとりで白内障について悩み、長く悩んでしまったために白内障の症状が進行するよりもまずは眼科の医師に相談することをお薦めします。

  但し、白内障の手術後は、どんなに手術が進歩したとはいえ、眼球に手術によるストレスが掛かっている場合もあり、術後の合併症(嚢胞様黄斑浮腫など)になる可能性もあります。自己判断で、術後の定期検診をおろそかにしないように気をつけましょう。

◆白内障の予防

白内障の予防には、眼の老化を遅らせるためにも抗酸化作用の強いポリフェノール(ブルーベリーやカシス)やルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂って、白内障を予防しましょう。また、白内障は光(紫外線)などの影響が原因とも言われておりますので、目が健康な時期からの紫外線対策や白内障予防としてサングラスをかけることをお勧めします。

Top