お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第10章 動脈硬化症〔生命に関わる病気へ〕

日本の三大死因は、癌・脳血管疾患・心疾患です。なかでも脳血管疾患と心疾患はいずれも血管の壁が厚くなり弾力性が失われ、血管自身が劣化したり狭くなってしまう『動脈硬化』が原因です。

※人は動脈とともに老いる A man is as old as his arteries.

動脈硬化は加齢によって誰にでも起こりますが、個人差が大きく、その進展には食生活や運動不足などの生活習慣が大きく関連しています。大変な病気に罹らないためには、これも早期発見が最大の秘訣です。

<動脈硬化を放っておくと> 動脈硬化によって下記の障害が予測されます。

①脳出血(脳内出血、くも膜下出血)
脳内の血管が破れてしまう病気。
②脳梗塞:危険
脳内の血管が詰まってしまう病気。
③狭心症
心臓を取り巻く冠状動脈が狭くなっておきる病気。
④心筋梗塞:危険
心臓を取り巻く冠状動脈の血流が止まる病気。(狭心症からくる)
⑤全身障害(閉塞性動脈硬化症)
脚の筋肉への血流が減り歩くと足が痛い症状の病気、酷くなると足先が腐ってしまう。

<こんな人は受診しましょう>

誰でも加齢とともに血管は硬化してゆきます。血管壁への悪玉コレステロール(粥状の腫瘍)の油脂の付着です。特に、40歳以上で下記に思い当たる方は受診すべきでしょう。

<測定検査の方法>

検査はとても簡単です。僅かな時間で済みますし、血圧測定に似てます。実際の測定時間は僅か5分程です。検査は両手両足首の4箇所の血圧を同時に測定します。ほとんど痛みはありません。薄手の衣服ならばそのまま測定できます。脚はふくらはぎから足首を巻きますが、少し強めに圧迫されます。全部で2回ばかり測定いたします。

Top