お寺めぐりの友

PC版

生活習慣病基礎講座» 第6章 アトピー性皮膚炎〔アレルギーとの戦い〕

アトピー性体質のある人に生ずる痒みの強い、慢性に繰り返す湿疹です。喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、じんましん、などができやすい遺伝的アレルギー性体質(アトピー性体質)を持っている人は、生まれつき、色々な物質に過敏で、草木の花粉、ダニ、家の中のほこり、カビの胞子などに触れたり吸い込んだり、そのほか生活環境のいろいろなものが刺激となってこの皮膚炎をおこします。年齢によって症状が多少変わるのも特徴で、乳児型、小児型、成人型の3型があります。

1)乳児アトピー性皮膚炎

生後2か月前後を経過するころからみられる。最初は、頬に赤い斑点やぼつぼつ(丘疹) ができ、ついで小さい水ぶくれ(水疱)が現れ、やがて頬から前額、下顎が冒されます。進 行すると頭部にまで及び、広範囲にわたって赤くなり、滲出(しんしゅつ)液がじくじくと しみ出し、これが乾燥してカサブタをつくる。掻いたり、擦ったりすると一層の赤みを増し 液の滲出も酷くなって悪化します。

2)小児(幼児)アトピー性皮膚炎

満1歳過ぎのころからみられるが、もっとも多いのは4~7歳です。できやすい部位は肘や膝のくぼみで、皮膚が厚くなるのが特徴で、乾燥してかさかさしてきます。表面の皮膚の線溝が深くなってはっきりみえ、触れると厚ぼったくざらざらしています。痒みが非常に強くて、患部をかきむしるように強くかき、ひっかき傷ができて血がにじみ出るようになり、症状がどんどん悪くなります。

小児乾燥型湿疹は小児アトピー性皮膚炎の比較的軽症な場合の特徴をとらえた診断名で、満1歳以上7歳くらいまでの間に起こります。胴体、肩、腕、大腿などにできやすく、患部の皮膚は乾燥してざらざらしています。よく見るとアワ粒くらいの大きさの皮膚と同色の小さいぼつぼつ(丘疹)がたくさん固まってできていたり、広範囲に渡ってできていたりします。表面が白い粉を振りまいたようにみえるところもある。赤みはあまり強くない。冬季に酷くなる性質があり、夏季の汗をかくころは、痒みもなく、良くなっていることが多い。

3)成人アトピー性皮膚炎

思春期以降になると、肘と膝のくぼみにみられる症状です。すなわち皮膚が厚くなり、乾燥してかさかさとなり、皮溝が深まる症状が更に広がり、頸部、顔面を好んで冒し(成人顔面型)、更に悪化すると全身にみられるようになります。

この皮膚病は、季節の変わり目にとくに再燃してかゆくなる。外用治療が重要で、副腎皮質ホルモン剤を含んだ軟膏・クリームの塗布が原則です。滲出液が出る場合は、患部に細菌が増殖して治りにくくなっているので、抗生物質を必要とすることもあります。

副腎皮質ホルモン含有外用剤の長期連用による副作用を防止するため、改善時には保湿と保護を目的とする外用剤に変更し、あるいは細胞性免疫抑制剤含有軟膏に変更し、これらを症状にあわせて適切に使い分けることが重要です。治療の際に注意するべきことは、痒みを止めて患者に患部をかかせないようにすることで、かくと痒みがいっそう強くなり、皮膚の症状も悪化する。(痒みと掻破(そうは)の悪循環)

痒みを止めるには、全身療法として抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤を内服させます。またこの皮膚は太陽の日焼けをせずケロイドのような皮膚になっています。海水浴は要注意です。海水の塩分を十分にシャワーなどで洗い落として下さい。海水浴で治る場合もありますが、それは太陽が現れる、日の出前の海水浴に限ります。

Top