お寺めぐりの友

PC版

伊藤氏のお寺めぐり記» 熊本城南側(熊本市中央区)(2018-08-26)

8月26日(2018年)に熊本城南側(熊本市中央区)を歩いてきました。夏の盛りであり、熱中症には十分注意し適宜休憩を入れたゆっくりとしたお寺巡りでした。前日に熊本市内で所用があり、当日福岡へ戻る前に市内お寺巡りをしたものです。

熊本城南側(古町地区)は、[一町一寺(いっちょういちじ)]の制により寺院がまんべんなく配置されており、これまでのなかで最も効率的に各寺を 廻ることができました。

とはいえ、寺院に関しては熊本地震(2016年)の影響がいまだ色濃く残っており、鉄筋コンクリート造でなかった寺院のほとんどは、新築再建中・補修改修中・補修改修手つかずなどの状況でした。建物自体が古く耐震性が脆弱なことから被害が大きく出たことや、檀家との調整などもあり早々には復興に着手できなかったなどの事情があったものと思われます。

※ [一町一寺]:以下は、ポータルサイト[くまもと歴町探訪/No31/清正公が作った熊本城を守る一町一寺の街並み]などによる。

熊本市の熊本城南側(古町地区)は加藤清正により作られた城下町で、細工町・呉服町・鍛冶屋町など職名を冠した町名が付けられ、物資流通の動脈である坪井川を利用した町並みは、新町と並ぶ熊本の商業の中心地として賑わった。
この地区は、白川と侍屋敷に取り囲まれた独立した町として入口が限定されていた。また、一辺120mの碁盤目状に町割りされた区画ごとに寺院が配置され(一町一寺制)、その寺院を中心に町屋が立ち並んでいた。この町作りには、軍事的・戦略的な側面が強かったようである。
現存する江戸期の町名や、明治・大正期の歴史的な建造物に代表される伝統的な地割や町屋が、城下町にふさわしい景観を今に伝えている。
・現存する江戸期の町名(五福小学校区):米屋町・呉服町・細工町・小沢町・中唐人町・西唐人町・鍛冶屋町・魚屋町・板屋町・万町・古大工町・紺屋阿弥陀寺町・東阿弥陀寺町・西阿弥陀寺町・古桶屋町・川端町

地図はこちら

順路

Top