お寺めぐりの友

PC版

霊場・散策コース» 筑後三十三箇所観音霊場

筑後三十三箇所観音霊場のリストです。

安永7年1778に久留米藩7代藩主有馬頼徸ありまよりゆきにより開創・制定された。開創時の正式名称は「郡中観世音三十三所巡礼札所」。元々22番札所であった坂東寺が明治2年1869神仏分離令により廃寺となり、霊場本尊と共に大聖寺に移った。明治12年1879に坂東寺は再興。光教尼の悲願と努力もあって明治39年1902に霊場を再興。22番札所に復帰した。その為、22番札所は坂東寺・大聖寺の2ケ寺となっている。(『筑後の寺めぐり』より)

参考:筑後三十三箇所観音霊場

地図はこちら。(参拝率:33/34(97.1%) )

並べ替え
Top