お寺めぐりの友

PC版

霊場・散策コース» 壱岐四国八十八ヶ所霊場

壱岐四国八十八ヶ所霊場のリストです。

当霊場は、明治26年1893、中原慈本じほんと、その協力者によって造られた。 慈本は、山口県の出身で、明治24年の春、壱岐を訪れた時に、「廃仏毀釈のとき廃寺となった神岳山本宮寺の復興と壱岐島四国八十八カ所霊場を開創せよ」という夢告があった。

慈本は、本宮寺があった勝本町新城西に草庵を結んで住み、島内の熱心な弘法大師信者13名の協力を得て、活動を開始。その結果、2年間で、お寺に19ヶ所、新築したお堂と庵69ヶ所が作られた。

明治26年、慈本は、巡拝の途中、箱崎で急病により急死。 信者達は、慈本が亡くなった場所に慈本堂が建立し、その霊を祀った。

また、慈本の草庵があった本宮寺跡に、本宮寺の末寺であった金蔵寺が移転され、神岳山金蔵寺として、「神岳山」が復興された。

この金蔵寺が当霊場の1番札所となっている。 金蔵寺の本堂から大師堂へ登る参道の途中に、慈本行者の等身大の石像が立っている。(以上 壱岐四国霊場88番札所より)

札所一覧:・壱岐四国八十八ヶ所霊場 - とれっちの御朱印帳@総本山 - アットウィキ

地図はこちら。(参拝率:0/19(0.0%) )

並べ替え
Top