お寺めぐりの友

PC版

寺院散策コース» 伝教七薬師

伝教七薬師のリストです。

『筑前國続風土記』によれば、この7体の薬師仏は伝教大師が制作したものという。 制作時期・場所については、2説述べられている。 すなわち、①入唐前に太宰府竃門山寺にて制作(巻之7)②入唐後に古所山にて(巻之11)である。 ①説では入唐前に旅の安全を祈って、②説では入唐後に無事帰朝のお礼にである。 ②説の場合は7薬師仏は現在の南淋寺にある(あった)ことになる。 ①説では下記のリストのお寺に分散して安置されたようだ。 作者は根拠は無いが①説に従い、7ヶ所に分散された説をとることとする。そのほうが、話の広がりがあっておもしろい。(当ページの下部に『筑前國続風土記』の原文の抜粋を掲示します。)

呼称「伝教七薬師 」は作者が命名しました。 札番はありませんが、システム的に必要な為、作者が付番しました(『筑前國続風土記』の記載順)。

,伝教大師 七仏薬師霊場 - 日本各地の巡礼・巡拝霊場の紹介)というページがあり、「伝教大師 七仏薬師霊場」として7ケ寺掲載されている。それによればさらに、エリアは広がる。 ページを宇智山中堂・南淋寺・東光院・種因寺はエントリーされているが、武蔵寺 ・朝日薬師堂・東蓮薬師堂は他の寺と置き換えられている。 これ以上深入りはやめよう。

謝辞:本ページの大部分は太宰府市のT.T様からの情報による所が大きい。この場を借りてお礼を申し上げます。

地図はこちら

一覧参拝率7/7(満願)

『筑前國続風土記』巻之7 御笠郡 上の記事

○竃門山神社 此山上に、福岡より6里、宰府の鳥居より50町、有智山村より22町あり。

(前略)按ずるに、水鏡に、傳教筑紫にて唐土へ渡らん折りに、かまどの山寺にて薬師佛7體を作るとあり。

又叡岳要記に云、延暦22年10月21日太宰府竃門山寺におゐて、4船平達せんために、敬て白檀像の薬師佛4體を作る。高6尺餘とあり。

今社家者の云傳へには7體とす。故に7ヶ所に薬師堂あり。 所謂7ヶ所とは有智山寺則當山の中堂也。、上座郡宮野村の境内八坂の南林寺穂波郡土師村種因寺那珂郡堅糟村薬王寺夜須郡朝日村日照寺御笠郡武蔵村武蔵寺通古賀村東林寺是也。7佛薬師の在所別に又一説有。上座郡南林寺の所に詳に記せり。(後略)

『筑前國続風土記』巻之11 上座郡の記事

○南林寺眞言宗

(前略)本尊の薬師は傳教大師の作にして秘佛也。縁起にしるし侍るは、傳教大師入唐せんとて、博多より船を出せしが、難風にあひ危かりしかば、心中に祈願して云、もし恙なく帰朝せば、7佛薬師を作、供養し安置すべしと誓ふ。 然るに風波穏に成て、恙なく入唐す。 帰朝の後、朝廷に御暇申、宿願をとげんため筑紫に下り、薬師を作らんとて博多に下向し、用木を尋ねしに、所の者云けるは、此地に良材なし。 白山古所山の事也。にこそ能木はるべけれと云しかば、さらば白山に行んとて、(より)井川を渡り、手水をつかひけるに、此水他の水に替り美味なり。 それより其水を甘水(あまみず)と號す。川に付て山に上りけるに、白山谷わたりに、大木1本臥てありけるが、其所今も薬師谷といふ。木のふし口より金色(こんじき)の水流れ出けるを見て、是こそと思ひ、其木を7きだにきり、1の口を斧初す。白山の谷屋にて1斧3禮して佛を作り終れり。 然るにこの佛失して、上座の長渕にいたる。傳教夢の告に任せ、長渕に尋ね行けるに、山中に彼の佛あり。其所に寺を立て安置す。 弘仁元年8104月8日開堂せり。 夢に薬師佛告て曰、我は南の林に在と。此故に其寺を南林寺と號す。傳教の開ける寺なれば天台宗なるべし。(後略)

Top