お寺めぐりの友

PC版

寺院散策コース» 篠栗新四国八十八箇所霊場

篠栗新四国八十八箇所霊場のリストです。

1番札所の南蔵院の不動の滝の近くに「霊場開基・尼僧慈忍(じにん)祈祷の地)」と題された案内板がある。 それによれば、天保6年1835慈忍が四国霊場巡拝の帰路、篠栗村に立ち寄った所、村人の疫病・飢餓に苦しんでいたのを知り、大願をたて、不動の滝にこもり一心に祈祷。その願いがかない村は病魔から開放され平和が戻る。 これにより彼女はこの地を弘法大師御請願の地として、当村に八十八ヶ所霊場を創設する発願をする。 彼女は志半ばで没したが、その遺志を継いだ藤木藤助翁(ふじきとうすけおう)が、村人とともに四国霊場の砂を持ち帰り、88体の本尊を村内各所に安置。よって篠栗四国霊場が創設されたという。 村人の一人、古屋藤三翁も多大な貢献者だったという。古屋藤三翁碑を参照のこと。

当霊場の一覧は篠栗四国八十八箇所霊場を参考にしている。 番外札所4ケ寺はこのページに従ったが、正式なものかどうか未確認。同4ケ寺は弘法大師ゆかりのお寺という言い伝えがある。

霊場めぐりの折には、下記のページも参考になります。

地図はこちら

一覧参拝率92/92(満願)

Top