お寺めぐりの友

PC版

寺院散策コース» 島郷四国八十八ヶ所霊場

島郷四国八十八ヶ所霊場のリストです。

第5番札所にある霊場開祖碑によれば、開創は慶長7年1602という。歴史ある霊場である。

詳細は島郷四国霊場開祖碑|若松区小敷・大鳥居・乙丸・蟹住地区の史跡等島郷八十八ヶ所を参照のこと。

「島郷」について(作者の推論)

当霊場に冠された「島郷」の名について考えてみた。当霊場の札所を地図上に表示してみるとわかるとおり、札所は全て江川という川以北の地にある。

江川という川は不思議な川で東は洞海湾、西は遠賀川河口にそれぞれ口を開いている。 潮分地蔵|若松区小敷・大鳥居・乙丸・蟹住地区の史跡等によれば、昔は、洞海湾及び遠賀川から江川に満ち上がって来る潮が潮分地蔵の付近で会合し、また両側へ引き退いていた、潮の分岐点であった。ここを通過する船は、満潮にならないと通れないため、この地蔵堂の前あたりが、潮待ちの場所となっていたという。

この川は、「川」と呼ぶより「海峡」と呼んでもおかしくないものであることがわかる。 故に、昔はこの川以北は本土から切り離された「島」と捉えらてており、「島郷」という呼称が生まれたのではなかろうか。

謝辞

当霊場の札所の場所・歴史等を知るにあたり、北九州市若松区在住の島郷四国霊場団 団長 M.I様及び奥様より送って頂いた、『島郷四国霊場 & 若松探訪』に記載された内容に依る所がほとんどである。 この場を借りて御礼申し上げます。

地図はこちら

一覧参拝率30/90(33.3%)

Top