お寺めぐりの友

PC版

分類» 眞譽(しんよ)上人ゆかりのお寺

正式名は天蓮社眞譽(真誉)見道。播州赤穂の人・武門赤松氏の流れを伝える名家の出。 播磨黒田家菩提寺心光寺第2世住職。黒田官兵衛(如水)の実父(黒田職隆)の引導導師でもあった。

天正15年(1587)秀吉が九州平定を開始する際、肥前唐津に行く官兵衛と行動を共にして、この年に唐津の教安寺を開基。翌年、官兵衛が播磨(兵庫県)姫路から豊前国・中津に転封するとき、黒田家一族とともに中津に移住して黒田家菩提寺・中津圓應寺を開山。 慶長5年(1600)小倉圓應寺を開基。 慶長7年(1602)福岡藩の始祖黒田官兵衛の夫人、照福院殿(光姫)が福岡圓応寺を開基。 光姫は夫官兵衛と縁の深いを眞譽招き、開山上人とした。 慶長17年(1612)福岡圓応寺にて寂。(以上 福岡 圓応寺のホームページより)

並べ替え
Top