お寺めぐりの友

PC版

分類» 享保の大飢饉供養のお寺

享保16年1731末より天候が悪く、年が明けても悪天候が続いた。 翌享保17年夏、冷夏と害虫により中国・四国・九州地方の西日本各地で梅雨からの長雨が約2ヶ月間にも及び冷夏をもたらした。

このためウンカなどの害虫が稲作に甚大な被害をもたらして蝗害こうがいとして記録された。

以下はこの大飢饉で餓死あるいは病死した犠牲者を供養するお寺・お堂のリストである。合掌。

以下のリストにはお寺だけでなく、お堂も含まれています。

並べ替え
Top