お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 薩摩街道» 八代城下

Wikipediaによれば、古来より八代は博多坊津と並ぶ九州の対外貿易港で、みかんが中国南部より伝来した地であるとされる。平安時代末期には日宋貿易を重視した平清盛の所領であり、鎌倉時代になると執権北条氏の所領となった。室町時代初めの元弘4年1334に建武の新政時の功績により伯耆国で海運業を営んでいた名和長年の子、名和義高が八代荘地頭職を賜り、古麓城(ふるもとじょう)と城下町を築いた。名和氏は、隣の球磨郡の領主・相良氏と室町時代を通じてたびたび争ったが、永正元年1504、相良氏が名和氏を追い八代に進出。相良氏は本拠を古麓に移し、徳淵津(徳渕津)が中国との貿易港として大いに栄えた。しかし、天正10年1582には相良氏は南の薩摩・大隅から勢力を伸ばしてきた島津氏に服属し、八代から退いた。

その後の天正15年1587には島津氏も豊臣秀吉の天下統一の過程で行われた九州征伐で八代を追われた。 当時の八代の人口は5万を数え肥後国の中で最も栄えていると記録されており、秀吉は隈本城古麓城など肥後を佐々成政に与えたが徳渕津は豊臣家の直轄領とし番大将として寺西次郎介が入った。 肥後国人一揆で佐々成政が滅亡した後、肥後国南部の領主となった小西行長は、古麓城を廃城とし新たに八代支配の拠点として天正16年1588麦島城を築いた。関ヶ原の戦いの後、熊本城主・加藤清正が肥後一国の領主となり、慶長17年1612、城代として加藤正方が麦島城に入った。

慶長20年1615一国一城令が出されたが、麦島城は一国一城令の例外として残り、肥後国は熊本城と麦島城の一国二城体制となった

元和5年1619、麦島城は大地震によって崩壊したが、幕府の許可により松江城(現八代城)が新たに築かれた。 築城当時は、南北811m、東西1477mの大規模な城で、現在は本丸の石垣と堀が残っている。幕府が一国一城令の例外として築城を認めたのは、島津氏に対する備えのためといわれる。

寛永9年1632、加藤氏の改易により、細川忠利が肥後の領主となると、その父・細川忠興(三斎)が隠居所として松江城に入城。正保2年1645に三斎が亡くなると、筆頭家老の松井興長が入城した。以後幕末まで松井家3万石の城下町として栄えたという。

八代城の南西側一帯には寺が密集している。 八代城周辺は一方通行の道路が多い。

参考:薩摩街道(八代宿-佐敷) - ルートラボ - LatLongLab

ここでは、八代宿から日奈久宿までのルートを記載する予定である。

ルート(概算距離:11795m)55

Top