お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 薩摩街道» 南関宿

薩摩街道、伍日目。~南関宿。 | mixiユーザー(id:19181805)の日記によれば、 南関は筑後国と肥後国の国境という交通の要地に位置した街道の警備の拠点であり、現在の南関町の中心部近くには、関所と南関番所が置かれた(関所は、大津山の関、松風(まつかぜ)の関とも呼ばれていたが、関所がおかれた正確な場所は、いくつかの説があり現在もはっきりしていない。福岡県山川町と南関町の県境付近に置かれていたという説や、北の関と南の関の二つがおかれていたという説がある)。 また、参勤交代の道中、肥後藩主らが休息をとった「御茶屋」は、現在、豊前街道南関御茶屋跡として保存されている。 肥後国熊本藩初代藩主である細川忠利も、寛永9年1632の肥後入国の際に南関で休息をとり、熊本に向ったという。

ここでは、南関宿から山鹿宿までのルートを記載する。

ルート(概算距離:14550m)59

Top