お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 薩摩街道» 松崎宿まつざき

『松崎宿文化財マップ』の記事を下に記す。

松崎宿について

松崎宿は、有馬豊範が御原郡19ヶ村1万石の分知を受け、 寛文9年-12年(1669-72)に郡内の「鶴崎」の地に居城を築き(現在の三井高校)、 名を「松崎」と改めたことに由来する。

松崎藩の設置に伴って、北は山家宿、南は府中宿に至る街道筋が天下道(参勤交代道)と定められ、 城下町である松崎の地が宿場町として整備されていった。

貞享元年(1684)に松崎藩は改易され、 最終的には久留米藩の所領に戻るが、 その後も参勤交代道路として九州の主だった大名がここを通り、 筑後地域における重要な宿場町として繁栄していったのである。

慶応2年(1866)の古文書によれば、 松崎宿の総戸数は129軒で、旅籠(はたご)が26軒、煮売屋(にうりや)が6軒あったという。 旅籠以外には、藩主や大名を休泊させる御茶屋(おちゃや)を設け、 また駅伝(えきでん)(問屋(といや))では物資の運搬にあたった。

宿場町の運営には庄屋・町別当が主にあたり、 必要があれば問屋、町年寄、組頭らが加わった寄り合いによって合議決定されたという。

宿場内は、南北の構口、南北の枡形構造の街道などほぼ当時のままに保存されている。 作者が今まで見た九州の宿場の中で最も江戸期の状態が良く保存されている宿場町である。 宿場内の街道はほぼ全域Google Street viewが可能である。 こちらでもお楽しみ下さい。

当宿場より、長崎街道田代宿の昌町追分(当地より西約4km)への道もあったようだ。

参考:小郡市の歴史と文化を守る会(特定非営利活動法人 文化財保存工学研究室) :: おごおり街道七物語

ここでは、松崎宿から次の府中宿(久留米)までのルートを記載する。

ルート(概算距離:11463m)64

Top