お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 薩摩街道» 日奈久宿

Wikipediaによれば、 応永16年1409、刀傷を負った父(甲斐重村の家臣だった浜田右近)の平癒を祈願した浜田六郎左衛門が、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)のお告げにより干潟から湯を掘り当てた伝説が残る。 六郎左衛門が掘ったとされる湯元には、記念碑が建っている。

天文9年1540龍造寺氏、天正14年1586上井覚兼が、それぞれ湯治した記録が残っている。 江戸時代には熊本藩細川氏藩営温泉となった。 藩主・細川綱利の命によって大浴場が設けられ、身分に応じて入浴が許可された。 八代城主・松井氏や参勤交代途上の島津氏もよく利用したという。

六郎が掘ったとされる湯元は、今の日奈久温泉センターの敷地内にあり、「温泉発祥の地」の記念碑と石像が建てられている。 浜田六郎左衛門の出自については、日奈久温泉の由来 八代市 - 熊本県庁をご覧ください。

薩摩街道の南側の山側に、秀吉が10万の軍勢を率いて薩摩討伐に向かった「太閤越えの道」が残っている。 右の地図をご覧ください(道のコースは日奈久温泉駅に掲示されている「日奈久温泉ご案内」のボードを参考にした。地図中の紫色のコース。緑色は薩摩街道)。

日奈久温泉の名誉の為に書き添えると、作者が当宿場街を踏査したのは2017-10-10(火曜日)。 しかも早朝であった。平日である。 写真に人気(ひとけ)が無いのはそのためである。 前日(10月9日、体育の日)には、観光客で大変な賑わいであった。

ここでは、日奈久宿から佐敷宿までのルートを記載する予定である。

ルート(概算距離:20394m)125

Top