お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 薩摩街道» 原町宿

当宿場の構口・番所などの出入り口の場所は判然としない。 お茶屋跡多福院あたりが宿場の中心部分であったようである。

下のページによれば、ここには御茶屋・人馬継所(馬16疋が置かれた)・原町馬役場(牧馬養馬場に関する事業事務を司る役所)などがあったという。 また、原町小町女郎屋が、お茶屋付近にあり、宿場の宿屋を営業していた。屋号を桜屋という。

参考: 薩摩街道をゆく (②薩摩街道・みやま市編)

ここでは、原町宿から南関宿までのルートを記載する。 このルートは坂などはほとんど無く楽に歩ける。 但し、街道沿いにはコンビニ・食堂などはほとんど無く、事前に弁当などの準備が必要。

ルート(概算距離:7604m)34

Top