お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 篠栗街道» 金出宿

街道と宿場町 (アクロス福岡文化誌)』この宿場は「金出宿」と呼ばれている。 『筑前國続風土記』巻之18 糟屋郡表の項も『筑前國続風土記拾遺』巻之40 表糟屋郡の項も 共に「篠栗村」と「金出村」とは別村となっている。

上の両風土記は共に宿駅は「篠栗村」にあった旨の記載がある。 宿駅の呼び名が何故「篠栗宿」でなく「金出宿」となっているのか作者は不思議である。 ちなみに、「金出村」は「篠栗村」の北隣にあったようである。

ここでは、『街道と宿場町 (アクロス福岡文化誌) 』に従って、「金出宿」として話しを進めて行こう。

規模は東西ほぼ一直線約1km足らず。 問屋場・お茶屋があったという。 西から下町、中町、上町(かんまち)の構成。

筑前國続風土記』巻之18 糟屋郡表の項に下記の記載がある。

○篠栗村

此村、むかしは南の山側にありて、民家こゝかしこに在しを、 慶長年中1596-1615長政公の家臣母里浄甫君命をうけ、 所々の民家を今の地に移し集めて驛家とす。 福岡へ3里20町あり。

此川には深淵多く、(はえ)多し。 糟屋川の水上也。宇瀰(うみ)河内、須恵河内、山田河内よりも川流れ、 多々良川に入れども、此川を本流とす。

萩尾より流れ出る谷に後藤淵とて、ちひさき深き淵あり。おし鳥住。

この里に、國君の別館ありしが、元禄7年1694綱政公、其家臣黒田重時に預けさせたまふ。 其後も光之公東郡往来し給ふ時、此館に立入せ給ひ、 一宿 したまふ事5度に及べり。 綱政公も此館に度々立寄せ給ひ。宿し給ふ事たびたびに到る。

拾遺』には「飯塚へ3里 ((アキ))町在り。 綱政公の時迄は別館を置給へしか其後引て今はなし」とある。

謝辞:JR篠栗駅前の案内所の方(男女二名)が、熱心に資料を引っ張り出して場所を教えて下さいました。 それから、5179番札所の土産物店(田中寿栄堂)のお女将さんからは、お茶の接待を受けた上に道案内もして頂きました。 感謝感謝。(記:2013-09-17)

ルート(概算距離:5953m)44

Top