お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 山陽道» 赤間関

ここでは赤間関内のルートを掲載する予定である。

天明8年178810月2日(新暦 10月30日)、江戸から長崎へ向かう司馬江漢は赤間関に宿泊。 翌日、赤間関より長崎街道内裏宿に船にて渡る。 かなり難儀したようだ。『江漢西遊日記 (東洋文庫)』より引用する。

天気。風あり。爰は九州へ渡る処にして、小倉へ3里、大里へ1里半あり。

4時(午前10時)比より乗合船、尤も渡船は小舟なり。 西風強ツヨシ。故に船を出す事見合(みあわせ)居る。 退屈故に、岩国内坂氏より贈りし吸筒を取出し、酒を買ひ呑み、余る処は乗合ひの者に呑ませける。

のり合ひの者、「船を出さんかださんか」と口々に云ければ、(ようや)く船を出しけるに、西風だんだん(つよく)して、沖の方より大浪高く船の内に打込み、小倉は西に当り、内裏(だいり)(大里)は少し南にあたり、風すこし開きなり。

帆は横にまがり船かたぶき、潮、舟の内に入。屋倉(ヤグラ)に入りたる者は風呂に入りたる如く皆々(シゝ)たる者の如く、べ()をはき、誠に舟(クツガヘ)らんとす。 吾と1人飛脚(てゐ)の者、年50余、屋倉の上にのり、向ひ合い居たり。 其頭の上を浪飛越す故に、桐油(トウユ)を着て、浪を正写(セイウツ)しにせんとて、波の飛びあがるをのみ見しなり。是は酒の(ヨイ)爰にて発し、少しも舟に(ヨハ)ず。 爰に於て、酒は気を甚だ太くして呑むまじき物なりと知りけり。 夫故、漸く1里半、内裏(大里)へ半時のうちに付けり。 船中働く者、(わづか)に3人。「帆を(ヲロ)(ヲロ)せ」と呼びけれど、帆は風をふくみ一向下すことならぬものなり。船に打ち込むアカをかえるも此3人のみ。乗たる者は死人の如し。誠にあやうき事に逢ひけれ。

夫より岸に上がり、皆々ひとごゝち付たり。内裏(大里)と云処、町あり。(以下略)

この後、彼は小倉城下黒崎宿木屋瀬宿へと旅を続ける。

ルート(概算距離:1645m)16

Top