お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 山陰道» 津和野城下

萩・津和野 山陰・近畿〈2〉の城下町 (太陽コレクション―城下町古地図散歩) 』によれば、津和野の城下町としての始まりは、永仁3年1295、鎌倉幕府より西石見に於ける元寇警備の任を受けた吉見氏初代頼行(よりゆき)がこの地の小高い山頂に津和野城[1]を構築したことによる。 城は正中元年1324、2代頼直(よりなお)の時代に落成。 以降300余年間吉見氏の治世が続く。 最初は、石垣で周囲を固めたものではなく、山頂を削った程度の砦だったという。

吉見氏の時代は、現在とは反対に城の西側を大手門とし、その麓に居館を構えていた。 (現在の城下町地域を「後田(うしろだ)」という。この地名は城の搦手(からめて)の田という意味という。)西側を大手とした理由は、現在の城下町地域(東側)は当時、津和野川の氾濫地域であり、とても町を形成できる状況ではなかったようである。

吉見氏は関ヶ原の戦1600で西軍について敗戦。萩に去ることになり、翌慶長6年1601坂崎直盛(さかざきなおもり)(出羽守)が代わって入封した。 直盛は現在の城下町の整備に努めた。 さらに城の大手と搦手を交代させて津和野城の大改築を行い、強固な山城を完成させた。

この理由は、関ヶ原の戦いの後、周防・長門に削封された毛利氏に対する監視役を徳川幕府に負わされた為と見ることができるという。

元和2年1616千姫事件により自刃。 翌元和3年1617亀井政矩(まさのり)が新たな藩主となり、12代の亀井氏の治世が明治まで続いたという。

その後の藩邸の火災などあり、町の改築発展は続き、元禄期1688-1704頃にほぼ完成を見たという。

ルート(概算距離:9931m)26

Top