お寺めぐりの友看板

PC版

旧街道» 宰府参詣道_梶原峠越

元々、古代・中世・近世と、糸島・早良から山田村を通り、裂田の溝(さくたのうなで)沿の「さいふみち」を歩き、 梶原峠を越え牛頸(うしくび)を経て太宰府に通じる最短距離の要路であった。 肥前神埼からは肥前街道上の山田村から本街道に合流する交通もあったようだ。

平家の全盛時代以降は、多くの将兵が歩いたり・騎馬で通ったであろう「兵共の道(つわものどものみち)」でもあった。 江戸期以降は、太宰府の四季の祭りの時は善男善女で賑わった。(以上 『那珂川町の歴史探訪』より)

当参詣道は西畑の三辻より梶原峠までについて記す。 梶原峠から先は、ゴルフ場の建設・宅地開発などによって昔の経路を確定するには作者には荷が重い。 この先は他の書籍などに譲ることとする。

全ルートは『那珂川町の歴史探訪』に記されている路線図と、今昔マップを参考にしている。

尚、当参詣道の起点を西畑の三辻とする。(『那珂川町の歴史探訪』にはさらにそこから福岡市西区・福岡市南区へ向かうルートも記されている。)

右画像「一の井手から裂田神社までの鳥瞰図」は一の井手から裂田神社までのルートの南東側上空から眺めた鳥瞰図である。一の井手からはじまる裂田溝(さくたのうてな)の様子がよく分かる。クリックして拡大してご覧ください。

ルート(概算距離:14088m)50

Top